換金は違反なの?|急に現金に困ったら……クレジットカードのショッピング枠を現金化!

急に現金に困ったら……クレジットカードのショッピング枠を現金化!

たくさんのお金

換金は違反なの?

考える男性

クレジットカード現金化は、残念ながらどう言い訳しても「クレジットカードを利用した換金」に該当します。そのため現金化行為が発覚した場合、利用者はカードを使えなくなります。
何故、ほぼ全てのクレジットカード会社はカード利用規約で「換金」を禁じているのでしょうか。その理由を、以下でいくつか挙げます。

換金禁止の理由1:想定されているカード利用方法ではない

クレジットカードの存在意義は、「大きな買い物が分割払いで可能になること」にあります。そのためクレジットカードの仕様はその意義に沿って作られていますし、クレジットカード会社も「大きな買い物の分割払い」にカードが使われる前提でサービスを展開しています。
その前提を考えると、「換金」という行為は想定されているカード利用方法ではありません。想定外の範囲でカードを利用されるとクレジットカード会社も責任を負い難くなりますから、カード利用規約で「換金」を禁じているのです。

換金禁止の理由2:クレジットカード会社が消費者金融であるかのような図式になる

クレジットカード現金化を実行した「後」の、カード利用者とクレジットカード会社の関係を考えてみましょう。

カード利用者:手に入れた現金よりも多い金額を、クレジットカード会社に支払う必要がある(換金では絶対に利益が出ません)

クレジットカード会社:多くの場合に、肩代わりした金額よりも多い金額を手に入れる

上記の図式は、クレジットカード会社がまるで消費者金融であるかのような図式になってしまいます。クレジットカード会社はそれが困るので、カード利用規約で「換金」を禁じているのです。